名工

その一筆に、その一彫りに心を込める。
輪島塗の世界に飛び込み、
その身一つで技を磨いた名士たち。
職人たちが自信を持って
世に送る、至極の作品。
個性ある感性の違いを、
是非とも体感ください。

摂田勢津子

摂田勢津子 / 蒔絵師
昭和XX年(19XX年)に〜の元へ弟子入りし、修行を始める。繊細なタッチと、他と異なる独創的な図柄を特徴とする。夫の照彦と共に作品を作る。代表作に「」や、「」などがある。

新出昭宏

新出昭宏 / 蒔絵師
雅号は光甫(こうほ)。
昭和XX年(19XX年)に〜へ弟子入り。以来〜年蒔絵師として活動。輪島塗の伝統的な図柄を好み、大らかな人柄は裏腹に細密な作品が評価される。
代表作に「」や、「」などがある。

前古孝人

前古孝人 / 沈金師
昭和XX年(19XX年)より父・〜に沈金を学ぶ。伝統的な図柄の沈金に加え、近年は沈金で製作する魚拓に注力する。
代表作は「」や、「」など。