1. HOME
  2. ブログ
  3. 熊本の味噌醤油屋さん「梅屋山内本店」さんとのご縁

熊本の味噌醤油屋さん「梅屋山内本店」さんとのご縁

2015年、熊本県のお味噌醤油屋さんの会長さんである山内彰雄さんが、当店が江戸末期もしくは明治時代に製造したと思われる 山内家所蔵の漆器製品を携えて輪島へいらしてくださいました。
当店にも明治時代の品物は残ってはいるのですが、それが知太郎時代のものかどうか もうわからなくなっておりますので、実物を拝見させていただき 知太郎は本当に熊本まで行商に行っていたんだ、と実感しました。

しかも、山内さまは写真のとおり 当店の名入りのお盆までも保存していてくださったのです。
山内本店さんは宝暦元年(1751年)創業の由緒あるお味噌醤油さんですので、江戸末期から明治の時代に山内家のご先祖様が当店の漆器を沢山お買い上げくださっていたのでしょう。それで何かの記念に、今でいうノベルティ商品として、知太郎が差し上げたお盆ではなかろうかと推測いたします。

時を経て、当店先祖の足跡を感じることができましたのも、ひとえに山内本店さんが10代にもわたってお商売を継続しておられるおかげです。
そして、もう一つ理由があるとすれば、それは輪島塗の耐久性のおかげだと思います。

山内さまに許可をいただきましてブログのURLを載せさせていただきます。
輪島の角知漆器店を訪ねて ( NHK連続テレビ小説 まれ の舞台)
http://yamauchisyacho.blog39.fc2.com/blog-entry-801.html

最新記事