1. HOME
  2. ブログ
  3. 風呂について

風呂について

漆を乾かすときになくてはならないものの一つが風呂です。
漆は湿気で乾くのですが、あまり早く乾きすぎると表面ばかり先に乾いてちぢみます。乾きが遅いとなかなか仕事がはかどりません。
そこで、蒔絵師さんは写真のような蒔絵用の風呂を各自持っていらっしゃいます。
何のことはない木の箱に見えるでしょうが、その日の気候に応じて、この木箱の内側を濡れた布で拭いて、湿らし加減を調整しながら、蒔絵の漆を乾かします。
上塗りさんももちろん風呂が必要です。上塗りさんの風呂は大きくて、箪笥のようになっています。機械式で時間が来たら自動に回転するものと、自分で回転させるものとがあります。またの機会に上塗り用風呂をご紹介したいと思います。。
一工程終わっては風呂の中に入れて乾かし、終わっては乾かし、乾く時間を見ながら作業を進めていかなければならないのが、漆に携わる職人さんの宿命なのです。