図案集

蒔絵組合の組合員さんは古典図柄の図案集をお持ちだそうです。
国宝「片輪車蒔絵螺鈿手箱」は平安時代の作といわれておりますが、その時代から連綿と続いてきた古典の図柄を見ていると、なぜかしら心が落ち着きます。
豊臣秀吉はきらびやかなものが好きで、金の豪華絢爛な蒔絵を好んだことをご存じの方も多いと存じます。信長や秀吉も、蒔絵の漆器を美しいと感じていたのかと思うと、歴史上の人物に親近感がわきます。