初音シリーズ

梨地 初音蒔絵 屠蘇器

to01
to01

初音蒔絵屠蘇器はたくさんの金を贅沢に使い仕上げました。
徳川美術館所蔵の国宝に負けない位のものを作りたいと願い渾身の力を注ぎ込みました。家宝となる逸品です。

掛盤という隅に細工を施した高級屠蘇器の全面に純金の粉を蒔きつめ、初音の図を描いた秀逸の一品です。
作品製作に1年以上を有し仕上がりました。
家宝として幾代にも受け継がれていく程の出来張えです。今後も同じものは出来上がらないでしょう。

 


屠蘇器の台の画像です。
入り隅仕立ての豪華な台です。
大きめな台に豪華な初音蒔絵を描きました。
全体に金の粉を蒔いてあるので一層豪華仕立てとなっております。

 

盃台


盃の台と三ツ組盃の画像です。
全体がほぼ金で描かれております。
盃の裏面は赤い漆で塗られています。

 


一番大きい盃の画像です。岩に松が描かれております。

 


二番目の盃の画像です。上品な梅の絵が描かれております。

 


一番小さい盃の画像です。柳に橋が描かれております。

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥4,400,000(税込)

数量