下地

■下地
木地の破損しやすい部分に布を漆で貼り付ける布着せ(ぬのきせ)を行い、下地漆には輪島地の粉(じのこ)と呼ばれる地元産珪藻土を焼成粉末化したものを混ぜます。珪藻土は断熱性に優れ、漆と結びつくことで非常に丈夫な塗膜を作ります。

地の粉粒子が粗いものから細かなものへと、一辺地、二辺地、三辺地の順に重ねます。その度ごとに時間をかけて乾燥させ、研ぎを繰り返し、縁などに漆を塗りつける、地縁引き(じぶちびき)と呼ばれる作業を行います。そして徐々にきめ細やかな肌合いへと変化させていきます。

下地作業は「地付け(じつけ)」とも言い、素地の性質を知った上で作業手順、器全体の造形も考慮した地の厚みや、それに伴う研ぎが求められます。品格のある器に仕上げるために、ごまかしの利かない重要な工程です。

職人名
下地